葬儀をした際にもらえるお金

この記事をシェアする

お葬式や埋葬の費用

亡くなった方が加入している健康保険の種類や高齢者医療制度により、保険証を行政機関に返すことになりますが、その時に1万円から7万円の支給を受けられる制度があります。

申請しなければ給付は受けられないために、申請を忘れないことが大切です。

この制度は故人が亡くなった日から二年以内であれば、申請が可能になっています。

申請が通れば、2週間か3週間程度で申請した方の口座に給付金が振り込まれるそうです。

支給金額は例えを挙げますと、東京都新宿区の場合7万円、大阪府大阪市の場合は5万円となるそうです。

この制度は「葬祭費給付金制度」と呼ばれていますが、その他に「埋葬料給付金制度」というものもあって、これも国民健康保険や後期高齢者の医療制度に加入していた方が亡くなった際、個人を埋葬した方が申請すると支給されるお金となっています。

日頃からできること

人生の中の大きな節目、例えば結婚や出産、死亡した際の葬儀などには、いろいろお金がかかる場合が多いですね。

葬儀にかかる費用は、いつかかるようになるか予測が出来ないために慌ててしまう方もあると思います。

葬儀費用は葬儀業者にとりあえず支払いを済ませ、その後で頂いた香典や給付金で補填するといった形が一般的なようです。

独身の方で、自分の葬儀費用に心配のある方は、葬儀にかかるお金だけでも生命保険として掛けておくこともできます。

いざという時に慌てないためにも、日頃からいろいろな準備をしておいた方が家族も親族の方も安心できますね。

今ではインターネット上で加入できる保険も存在しますので、気になる方はそういった情報も取り入れてみてください。