結婚や葬儀で申請して受け取れるお金ってあるの?

結婚や出産、葬儀でもらえるお金

結婚新生活支援事業

日本では、少子高齢化が問題となって久しいですね。

そこで、政府は2025年までに希望出生率を1.8人にするという目標を掲げているそうです。

希望出生率1.8というものは、日本人女性で出産を希望している女性全員が出産できたときに達成できる合計特殊出生率です。

合計特殊出生率とは、生涯の間に、一人の女性が産む子供の数のことだそうです。

現在の日本の合計特殊出生率は1.4程度です。

それを2025年までにあと0.4人増やして1.8人にしたい!というのがこの数字ということになります。

希望出生率1.8人を実現させるためには、結婚したいと思っている若い男女が結婚できるように環境を整えることが大切…というのが日本政府の考えで、若い世代が結婚しやすくするようにお金を出してくれる…という制度が始まりました。

実際に、内閣府が行った調査によれば、若い世代が結婚したくてもできない大きな理由として、結婚資金と結婚した後に住む住居の費用が足りない…ということがあります。

現在日本においては、未婚の男性女性の約4割以上の方が「お金がないので結婚ができない」と考えているそうです。

そういった現状に歯止めをかけようとしたのが、この「結婚新生活支援事業」と言われる制度です。

全国どこでも行っている制度ではなくて、行っている自治体もあれば行っていない自治体もあります。
支援金を出すのは地方自治体で、国としてはその一部を補助している形になっています。